スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジン快調

さて、とうとうやってしまったエンジンハーネス交換。
結果は○。なんでもっと早くやらなかったのだろうかという後悔の念に駆られる。


前回破損したホースるいの代替品。結構な量を発注。破損がなくても怪しいと思ったものは全て取り寄せた。


 
今回特に劣化の激しかったエミッションコントロール系のホース。クランプ類は再利用するとしてホースのみ交換。殆どカチカチに硬化し樹脂パイプのようになっていた。


そしてオイルが漏れているであろうリターンパイプ。デロデロである。
ここはホースと共にクランプも新品交換するしかないが・・・下からのアクセスか~。う~みゅ。


今回の交換されたパーツ類。クランク角センサは交換しなくても良かったかも知れない。
もしかしたらコネクタが抜けかけていただけだったのかも知れないからだ。
これらは資源として分離が難しいので、全て一般ごみとして処分(横浜市)



交換後はこれまでの不調がウソのように快調。失火もなく普通にエンジンが回る。ブーストの0.5規制もかからなくなり、オーバーシュート1.2もよく出るようになった。
今朝の横浜⇔有明往復では、久しぶりに○○○をマークした。


但し一つ不安要素が。アイドリング時及びアクセルを踏み込んだ時に振動がある。
恐らく失火して不調のまま走り続けた結果、エンジンのバランスが崩れた。
どこか歪んだか・・・・こればかりはエンジン割ってみないとわからない。
オイル交換したら治ったとかならいいのだけれど。
スポンサーサイト

カム角センサのコネクタ抜けるとエンジン止まる

エンジンハーネスを交換したら、不発皆無。安定した走りとアイドリングを実現。
でも、カム角センサのコネクタが抜けかけ、急にストールしたので焦った。

修理の筈が更に部品発注

いよいよエンジンハーネスを交換する。
補機類外して、インテークマニホールドを剥ぎ取って配線を入れ替えるだけなのだが・・・・



インマニを軽く引っ張ったら、ホースがちぎれた・・・・前回どうやって外してたっけ?

その他、交換しなければならないホースが次々と出てきた。本日の工作はエンジンハーネスを交換したところで終了。

自宅前の路上で作業しようとしたが、バッテリーがagaってて動けず車庫に置いたままの作業だった。しかし次週以降の休みに持ち越しとなったため、ある意味助かっている。
本当に動けないまま路上放置駐車はできない。

81-82:京阪つーか大津線にハマった理由(わけ)

半年ほど寝かせておいた80形の加工を開始した。

そもそも自分が大津線にハマったのはこの80形82号車が切っ掛け。
京津文化フォーラム82の専務理事兼芸術監督が、飲み屋でしきりに「電車買おうぜ」「模型なんかより実物が(・∀・)イイ!でしょ」と、しきりに誘ってきた。自分はクモハ103でも保存するなら話に乗るが、そんなドコを走ってるか見当も付かず、どんな電車かも知らないので素っ気なく断った。

暫くして京阪電鉄がNゲージレイアウトを買うという。その輸送に人手が欲しいということで頼まれた。とりあえず手は貸そうと、そのレイアウトをトラックに積み込むのを手伝った。

またまた暫くして、大津線感謝祭とやらの手伝いをして欲しいということで、話に乗った。いや、その前に「でんしゃ DE BEER」があったかな?
とりあえず話に乗って、錦織車庫へ。そこで初めて80形と対面した。大津線というのも初めて知った。それまでは、GMカタログに載っていた500/600/260形のキットでしか知らず、石山坂本線も「いしやまざかほんせん」と読んでいた。
それから徐々に何か惹かれるモノがあり、のめり込んでしまったのである。

前置きはさておき、81-82の加工である。ベースはKEI'S CRAFTのレジンキット。JNMAでgino-1が見つけてくれたので、押さえてもらった。同時に動力用に玉電80形も用意してくれたが、それはそのまま生かして入線である。


屋根上には玉電80形のパンタを流用するためのパンタ台があったが、PT-43モドキ(トミテツクのPG16)を載せるためにすっかり削り取った。


正面では、一体成形のヘッドライトを妻面ギリギリまで削り取り、ボナ ファイデ プロダクトのP-207 私鉄用ヘッドライト(薄型タイプ)を埋め込む。これは他の京阪小型車にも使っている。
穴開けには、まず中心を針ポンチでマーキングし、φ0.6、φ1.0、φ1.2の順に段階的に開けて行く。これは、いきなりφ1.2では中心がズレた際にゴマカシが効かない事。そして穴開け後に肉厚が薄くなるので、レジンが割れるのを避けるためである。


ライトケースを埋め込んだ後は、レンズ穴にφ0.6のドリルを再び突っ込み、マッハのアクリル光学繊維を通せるように穴を貫通させた。これで点灯化の準備は完了。

その他、標識灯にはφ0.5の穴を開けておき、先端をライターで炙って丸めたアクリル光学繊維を差し込む。正面ステップはモールドを削り取り、φ0.3の穴を開けてタヴァサ ホビーハウスPN-441 101,103系用手摺セットに含まれるクモヤ90用正面手摺(三角形のステップ)を差し込む。但し接着はしない。塗装時にマスキングをどうするか考えていないからだ。標掛けも同様に穴を開けておいた。

工場近景

ここでちょっと工場近景。



左列上段から
・701
・702
・600形(某氏依頼品)
・600形(某氏依頼品)
・600形(某氏依頼品)
・600形(某氏依頼品)
・新潟交通モワ51タイプ

右列
・351
・未定(恐らく357)
・未定(恐らく356)
・箱根登山モハ1
・箱根登山モハ2
・新潟交通モハ25
・長野電鉄モハ1502(1501)

錦織工場モノ以外も混じっているが、富士軽工鉄道車両事業部内に錦織工場横浜出張所があるので包括させて頂いた。

ここで一つ問題が発生。長野電鉄モハ1502だが、集めた資料で貫通・非貫通の姿両方があり、パンタ側は貫通、非パンタ側が非貫通という画像しかなかったため・・・そういう姿で作ってしまっていた。非貫通とした側に貫通扉を移植せねば。
箱根登山は車番が確定していない。

351:錦織車庫入換車

最後までほぼ原型で残ったと言われる350形351号車。
350形の2連固定化に際し、11両の350形を番号の大きい順から組んだ結果、半端となった1両の351号車は錦織車庫の入換車・予備車となった。
(両運転台から片運転台2連へと変更になった際、356-357のペアからだった為に番号大きい方へ詰めたと)



とりあえずハコにして両運転台化する。通常ならドア部分の切り継ぎラインで移植するところだが、これだとドアと戸袋窓の間隔が変わってしまうので、一旦ハコにした上で乗務員ドア部分のみ切り継いだ。



この後の加工は、継ぎ目消しと正面運転台窓の小型化、ヘッドライトの白熱球化くらいのものである。
完成は恐らく三ヶ月後・・・・。

エンジンハーネス

昔からよくわからない3番プラグの失火。
点火に関わる部品はほぼ全て交換してみたが、一向に改善されない。
これが2年位前までの状況。

そこで今回か配線にも目を向けてみようと思う。
一度断線を疑って配線を調査したが、結局解らずじまい。
そこで、まず手始めにエンジンハーネスから交換してみる。


今日ディーラーに届いた部品。箱は大層だが軽い。そして開けてみると・・・


無造作に放り込んであるだけですか。そうですか。
ビニール袋にでも入ってるかと思ったよ。
そういやこれまでの電装品も全部ダンボール箱に裸で入っていたっけ。

次の日曜日にでも交換してみる。
問題はインマニを剥ぐ必要があるのだが、ガスケットを用意していなかったこと。
まあ、インマニ剥ぐらないでやってみよう。

701-702:おおまかに整形

久々に700形のお話。
600形の追い上げで放置していた700形だが、ひと段落付いたので再開する。



引き続き車体の造作。ある程度は形になってきた。
屋根上のボッチは、パンタ穴とクーラー及びヒューズボックスの穴を塞いだランナー引き延ばし線。






妻面頂部は屋根を延長のうえ、妻板との隙間にエポキシパテを詰め整形。
画像それぞれ左が京急1000形の妻板使用、右が京阪小型車妻板使用。
加工の手間度合いから今後京阪小型車用妻板を引き続き使用する。
丸妻から折妻にするには、3面をヤスリで整形する。その際、貫通扉のHゴムは思い切って削り取り、塗装後に断面へ銀色を差す事で押さえを表現。
角は元の妻板のまま。

京急1000形の折妻を流用しようと考えたものの、実際にやってみると幅は詰めねばいけない、窓は開け直し、貫通扉は移植、そしてヒケが発生しているためその修正と、結局は手間が掛かる事となった。


正面は1両目のライトケースまで完了。もう1両ライトケースを取り付けたあと、いよいよ細かいディテールと窓開けとなる。

しかしエポキシパテは削りにくい。脆くボロボロ剥がれる。

単に2液のバランスが悪く混練りも足りないだけだが。瞬着パテによる保護が必須。
プロフィール

Author:昴
昴 ◆BF5B/YTuRs ねらー。何の因果かコテハンに。
森沢優一(勇一)とも名乗る乗り物好きのオッサン。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。