スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電機配線オワタ・錦織車庫その4

P1070579-1.jpg
やっと本体側の電気配線終わり・・・と言いたい所だが3番・4番のピット線線路の敷設が出来ていない。
そんな状態でもコントロールパネルの製作に取りかかっている。

操作パネルIllustration.jww_001
パネルイメージ図。
Jw-winで描いて後から彩色。

このコントロールパネルは、以前に2回作りかけていた根岸線っぽい駅モジュール(桜木町+根岸+磯子+本郷台=(仮称)嘘子駅)に使おうとして作ったものの、操作性が悪くお蔵入りしてしまったケースの再利用。
パネルには既に穴が開いているので、t0.5アルミ板を貼り付けて再度穴開けをする。
系統図とスイッチの位置は上図を印刷して貼り付け。果たしてうまくできるか・・・・。
スポンサーサイト

錦織車庫その3

今日はポイントマシンの配置と配線の続きを。

ポイントマシンの設置が終わった状態。
一つだけスペースが厳しいので、リンケージを90度折り曲げ横配置に変更。
転換テストもうまくいった。

P1070578-1.jpg
モジュール一つ目の近江神宮前駅セクションの配線はひとまず完了。
右下に伸びるコードはカトーのコネクタが付くようになり、隣のモジュールとのき電線にもなる。

もう一つの工場セクションも済ませてしまおうと思ったが、何を考えたのかポイントマシンが一つ足りないので断念。ポイントマシンの位置を決めてリンケージの逃げを考えなければならないので、配線の取り回しも決まらない。
こちらのセクションにはコントロールパネルへのケーブルが繋がるようになるので、配線がもっとも集中することになる。

錦織車庫その2

やっと線路を一部残して敷き終わり、只今電気配線中。
ポイントマシンは9つ全てレマコ製。スローアクションという事もさることながら、切替swが2回路分あるのも嬉しい。リレーを組まなくても済む。

それでは現在の状況を見てみよう。

oumijingumae.jpg
近江神宮前駅と錦織車庫・工場への分岐部分。

nisigorishako.jpg
錦織車庫・工場セクション。研修庫のピット部分はこれから敷設。

tosoukoujou.jpg
錦織工場の塗装工場。奥に塗装工場棟がある。

remaco.jpg
レマコのポイントマシンの山。
設置にはシノハラ製のレマコポイントマシン用ターンアウトリンケージを使用。
haisen.jpg
というわけで電気配線の施工中。
コントロールパネルは別に製作するが、各ポイントが定位になっていれば専用パネルが無くても普通の直線モジュールとして使用できる。
プロフィール

Author:昴
昴 ◆BF5B/YTuRs ねらー。何の因果かコテハンに。
森沢優一(勇一)とも名乗る乗り物好きのオッサン。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。