スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

613-614:ヘッドライトその2

LEDの光をシールドビームの筒に導くため、ちょいと細工をしてみた。


ツノが生えてデンデンムシとなりました。

φ0.5の穴をLEDに直接開け、マッハの光学繊維を突っ込んだ。
LEDの幅よりシールドビームの間隔が広いので、ハの字となるようにした。


若干ライトユニットが長くなった。

LEDの発光部分まで収まるライトケースを作る事になる。内部はプラカラーの黒で塗りたくり、ライトユニットを納めてフタをする。


そして点灯状態。
電源はもちろんアレ。振動はしない。

シールドビームには既にレンズを入れてある。光学繊維を差し込むためレンズのお尻を2mmカットしている。
いいカンジだ。ライトは演出ではありません。


このライトユニットは10個量産する。加工法は見えているのでサクサク進むだろう。
車体側のライトケースも寸法は大体読めた。問題はそれを組み込む車体がまだ1編成分しか出来ていない事だ。

次回は室内灯ユニットとの電源接続、そして正面方向幕の点灯化の予定。
そこまでクリアーすれば、あとは前進あるのみ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

つ[拡大鏡]

テスター当てるといきなり3V指します。
もともと作りもいい加減ですし。
あいやまさか電圧以外が可変?


チップ抵抗が小さいのは大きく見せればいいと思いますが・・・
なんか夜中のサッシやスケベゴム色差しがやりづらくなってきたのは木の精?

ほほう・・

チップ抵抗はちと小さくておいらには扱えませんです
先日狭山で黙々と周回していたウチのED11はCRD(15mA)で点灯させてました

テスト用の電源はアレですね・・・あ、可変抵抗も付いていて便利かw φ(.. ) メモメモ

基盤

切り分けた薄い基盤にチョイチョイとハンダ付けするだけなので、ブラスキット組むよりは遙かに簡単ですよ。
回路もLEDと抵抗を直列に繋いだだけの簡単なもの。

抵抗値の求め方も千石電商のLEDコーナーに貼ってあった計算式から導き出しただけのものです。

ユニットの作り方も一つ割いてみますかね。
なんせあと9個は作らないといけません。

Unknown

振動するピンクのアレ・・・気になります。
しかしライトユニット基盤から制作って簡単なのでしょうか?
電気関係まったく分からんおいらにも出来るのかな・・・。
プロフィール

昴

Author:昴
昴 ◆BF5B/YTuRs ねらー。何の因果かコテハンに。
森沢優一(勇一)とも名乗る乗り物好きのオッサン。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。