FC2ブログ

相模鉄道ED11+ED12

マイクロエースの相模鉄道ED11+ED12の納車である。


早速分解。今回は動力ユニットまでバラさない。

当然のようにカプラーは交換する。製品のままだとダミーカプラーと首振りアーノルトの差し替えだが、思い切ってKDカプラーにする。マイクロエースの電機はこれまで(EF10、EF12、EF13)全てKDにしてきたので、それに倣う。

まずはデッキ裏のカプラーホルダー(コの字形の突起)を切り取って平滑に仕上げ、KDカプラーを両面テープで仮付けして高さを調整する。
調整にはKATOの貨車にKATOカプラーN、シンキョウナックル、カトーUSAナックルを付けたもので比較し、最良な位置を探り出す。
はいそこ、スタンダードゲージ買えとか言わないように。




KATOカプラーN高いシンキョー高いカトーUSAナックルすこぶる高い


よって、デッキ下に1mmのスぺーサーを噛ませて取り付けてみた。

まあそこそこ、こんな感じではなかろうか。
次は実走テストにて、t0.25を挟むかどうか検討する予定。



そして裏側の状態。デッキ裏にt1.0プラ板を貼り付け、φ1.0ドリルで取り付け穴を開ける。寸法は現物合わせ。但しセンターだけは出しておきたい。
なお、ドリル刃を入れるのは貼り付けたプラ板分だけで、デッキまで穴を開けてはならない。
また、作業時はデッキの手摺は外して保管しておきたい。珍しく接着がされておらず簡単に取れる。但し、嵌め直すには慣れが必要。不器用な私でも何度か練習してやっと復元させる事が出来た。






スレにてリクエストがあったので掲載してみた。

このような感じで良かろうか?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もりさわ優一

Author:もりさわ優一
YMProjectでは鉄道模型パーツ・ステッカー・デカール、キットなど自分が欲しいものを企画制作し頒布しております。
富士軽工とも。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる