FC2ブログ

81-82:動力詳細とT車床板

先日お約束した動力装置の分解画像。


モーター軸の左側が縮めた側。
ウォームギヤとモーターの接続にはKATOの車輪の中空軸を使用。
そのままでは元の軸高さと合わないので、モーター取り付け台座にプラ片を挟み、
モーター自体を傾けてスムーズに回るようにしている。
集電板は適宜切断して調整。

 
ギヤケース上側にウォームギヤが当たっていたのでケース頭部を切り抜き干渉しないようにした。このあとプラ板で塞いでグリス飛散を防ぐ。

 

T車の床板は利用できるものが無かったので新製。鉄コレ用の床板は、台車取り付け部の加工と幅を詰めなければならないので、加工の手間を考え却下とした。
t1.2プラ板をベースに、t0.25とt0.5のプラ板を側梁として接着。床板高さの調整も兼ねている。

MODEMOの台車を取り付けるため、台車センターピンはφ2.5穴を開けただけ。中心ボスはφ3.8となるので適当な材料を捜すのが当面の課題。
カプラーは動力車と同様、タヴァサのTNカプラーアダプターを介してTNカプラー密自連。両者の連結にはきららのドローバーを検討したが、結局はSATOカプラーをTNカプラーアダプターを介して取り付けた。

しかし、きららのドローバーを利用する事も再検討中。

車体側の取り付けは、KATOの台車から取付部を徴用するつもり。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もりさわ優一

Author:もりさわ優一
YMProjectでは鉄道模型パーツ・ステッカー・デカール、キットなど自分が欲しいものを企画制作し頒布しております。
富士軽工とも。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる