スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D51 516

ガラにもなく蒸機。
蒸機つまりSLと言えばデゴイチ。
根岸線を唯一走った蒸機。デゴイチ。新鶴見機関区。
営業では走っていない。開業前の路盤の締め固めに。

何号機かわからない。とりあえず横浜・本牧市民公園に保存しているD51 516をプロトタイプとした。とりあえず新鶴見所属だったので高島までは来ていた筈。
回送ならC56 139が走った事はあっただろう。無火で。

茅ヶ崎機関区の壊れたボイラー代わりに使われた事もあった。

まだまだ加工中の姿。


左サイド。
デフ掴み棒は真鍮線が切れてしまった。先輪はワールド工芸のプレート車輪。


左サイド。
テンダー台車はTR24似の鋳鉄台車から鋼板組立台車に交換。D51用のAssyがなかなか無いので、C57 180のAssy発売と同時に台車を購入した。

このD51、オリジナルの部品はボイラーとキャブ、テンダーそしてインサートに発泡スチロールの中敷きしか無い。他は全て新しく購入したもの。元々は父親が1970年代に買ったものだが、21世紀にはその殆どが失われていたのである。モーターはテンダーとリード線で繋がれていたものだし、バルブギヤーは樹脂製だった。
前端バリが無かったので、ベースをプラ板から作りレボリューションファクトリーのD51用前端バリを貼り付けダミーカプラー、エアホース、解放テコ、ステップを取付。部品の補填ついでにディテールUPも敢行。
あと大きな加工としてはデフの点検穴開け、発電機の交換、テンダー後部の更新そしてナンバープレートの取付。



箱物と違って蒸機はディテールUPするとキリがないので、ある程度の所で止めておくのが、自分の能力に相応しいもの。本格的にやるならば、それこそボイラー廻りのモールドを殆ど削らなければならない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

鉄ピク入手

やっと手元に。
締め固めに使用したカマの番号も解ったし、それも洋光台開業前の話だから磯子までは営業線上だった訳で。

451+723だったんですね。
これは作り直さないと(ry

訂正

ごめ、3月号でした。
京浜東北、根岸線特集ですな。

鉄ピク

それがまだ手元になくて。
(・∀・)♪

Unknown

すごくいまさらですが鉄ぴく2月号につき固めの
写真が出ておりますな!
プロフィール

昴

Author:昴
昴 ◆BF5B/YTuRs ねらー。何の因果かコテハンに。
森沢優一(勇一)とも名乗る乗り物好きのオッサン。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。