FC2ブログ

コントロールのロジック:錦織車庫その7

 コントロールロジックの概念をもう一度。

 通常運転では外線(坂本方面)と内線(石山寺方面)がそれぞれのパワーパックでコントロールされ、車庫・工場線は独立したパワーパックでコントロールされる。

 渡り線の切り替えは、ツマミを運転側から折り返し側にする事で、内線のホーム部分が外線用のパワーパックでコントロールされる。

 出入庫の切り替えは、ツマミを運転側から出入庫側にする事で、内線のホーム部分が車庫・工場線のパワーパックでコントロールされる。


 原則、一つのパワーパックで1列車のみの運転となるが、外線から内線への転線(あるいはその逆)の場合、内線の列車が渡り線の閉じた側から突入する危険性がある。
モジュール上の信号機は赤の現示であるが、それを見て運転する訳ではないので下手すると内線側の列車に突っ込まれる事になる。それを防止するのが課題。
 また、2列車以上の続行運転などをやらかすと、転線時の内線だけでなく外線でも同じように突っ込まれるか、入れ換え車輌と同じように右往左往する車輌が出てくる。
 まあ、そのような無謀な運転をしなければいいのだがw
 そんな訳で、突入防止の緩衝区間や転線を入れ換え用のパワーパックで行えるよう配線を変えてみようと思ったわけだが、電気配線図を引いてみると、どうもうまくいかない。

 まず緩衝区間。思い切って無電区間を作ればいいのだが、それをやるとレマコのポイントマシンの端子ではどうにも足りない。無電区間を作るためのスイッチとしての為だけにレマコのポイントマシンを2つ追加する事になる。一つの転換で4つのポイントマシンが稼働する訳だ。
 かといって無電区間の切り替えをコントロールパネルのスイッチで行うようにするとなると、無電区間への給電にコントロールパネルが必須となるので、只の運転会などでは支障をきたす。もっとも、そのための短絡スイッチをモジュール本体に設ければ解決できる。

 そして転線コントロールのパワーパック変更。簡単に配線変更と思いきや、引き上げ線代わりにする外線の一部にギャップを切ってやらねばならない。その辺の配線は解決できるのだが、車庫・工場線のパワーパックで転線コントロールをするとなると、今度は転線切り替え時に車庫・工場線への給電を切らなければならなくなる。ここでまたレマコのポイントマシンのようなものが必要になる。
 これもまたコントロールパネルのスイッチを利用できるのであるが、ここまで来るとモジュールとコントロールパネルと繋ぐケーブルが足りなくなる。一応、コントロールパネル側にはアンフェノール14ピンの拡張コネクタが用意してあるが・・・。

 なんだ、何とかなりそうじゃん。また配線をほぼやり直す事になるが。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もりさわ優一

Author:もりさわ優一
YMProjectでは鉄道模型パーツ・ステッカー・デカール、キットなど自分が欲しいものを企画制作し頒布しております。
富士軽工とも。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる