スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

613-614:正面加工と屋根塗装

600形第一弾は613-614号車。600形3次車の丸妻車だ。

まずは遡って正面の加工。

 左がBefore、右がAfterならぬ途中。
 ヘッドライトケースが微妙にヘキサゴンしているので、長方形に整形。フチが無くなってしまったのでt0.25プラ板を貼り付け再形成する。ライトにはボナファイデの私鉄用シールドビーム。これがリムが薄くてよい。
 正面窓はパノラミックなので元の窓枠外側でくり貫き、更に側面まで窓を拡張。ヤスリとカッターナイフを駆使する。ちょっと広げすぎたがこの画像ではわからない。
 通過灯と尾灯は準急廃止のため尾灯のみとなっている。元のライトケースを利用して中をくり貫き、叡電きららのテールレンズを差し込む予定。行先表示はガラス押さえが違うのでHゴムのモールドを元に開け直す。ここは室内灯の光を導き光らせる。

 で、屋根まで塗った。

 塗料はGM鉄道カラーの35ダークグレー。
 本当は更にランボード残して更にマスキングしねずみ1号を吹き付けるはずだが、仕上がりを見たくてつい剥がしてしまった。そこそこ塗れてるが、雨樋の塗り分け位置が微妙。
260形のライトケースはうまく塗れたと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ネタ

このあと700形の制作が控えてますので、一緒に走らせるには晩年形がいいかなと考えた次第です。
とか言いながら60形も作りましたが。こちらも晩年仕様です。

本当は年代的な事よくわからず、漁った資料が晩年のモノばかりだったのと、素組みのままというのも勿体ない気がしたからですけどね。

ネタなければ700形いかがっすかぁ?
8月には採寸とか出来そうです。

Unknown

開設乙です。

二灯前照灯、幌枠無し、運転台Hゴム窓・・・
晩年の仕様ですね>261-262
キットのストックはあれどネタ切れ状態・・・

500の特急色でも作ろうかと(ry
プロフィール

昴

Author:昴
昴 ◆BF5B/YTuRs ねらー。何の因果かコテハンに。
森沢優一(勇一)とも名乗る乗り物好きのオッサン。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。